長野最大級の軽未使用車&軽398展示在庫車 オールメーカー500台!
毎週木曜日定休

ブログ

軽自動車の2WDと4WDの見分けかたについて🚙

2021.5.26  ブログ, 豆知識 

みなさんこんにちは!

佐久市にあります軽未使用車専門店ロイヤルカーステーション佐久インター店

副店長の木村です!

今回は車の2WD(2輪駆動)と4WD(4輪駆動)の違いについてお話しします!

●2WDとは?

日本で走っている車の多くは「2WD」と呼ばれる駆動方式です。まず、2WDについてご紹介します。

2WDとは、エンジンによって回転するタイヤが2つある車のことを指します。 車には4つのタイヤが付いていますが、前にエンジンを積んでいて前輪を回すタイプを「FF」、前にエンジンを積んでいても後輪を回すタイプを「FR」などと呼びます。
日本では主に、2WDの「FF」型が主流とされており、市販されている車のタイプもFF型が多いです。

市街地を走るのであれば、2WDで十分です。しかし、雪道や悪路などといった場所を走るのには優れていません。その理由を後ほどご紹介します。

 

●4WDとは!?

平坦な道でも険しい道でもスムーズな走行ができる4WD車。4WDとは「Four-wheel drive」の略称で、4つの車輪すべてが駆動輪となる車のことです。

雪道や坂道では特に重宝されますので特に雪国の方が選ばれるケースが多いです。

未使用車専門店ロイヤルカーステーション佐久インター店で行きますと、東信地区の方は4WDを選ばれる方が多いです★

 

そして・・・・みなさん、意外と見分け方までご存じない方が多いので今日はそれをご紹介いたします!!

まずはこちらのハスラーの画像をご覧ください!

みなさんこの写真からどっちが4WDかわかりますか?

答えは誰にもわかりません。笑

 

見分け方のポイントは後ろのタイヤをつなぐここです!

佐久市 未使用車
4WDの場合 

こちらは「リヤデファレンシャルギヤ」というエンジンからのパワーを後ろのタイヤに伝えている部品です!このようにシャフトの真ん中に丸い部品がついているのがわかります!

このデファレンシャルギヤが後ろ側についていれば4輪駆動 4WDの車になるので見分けがつきますよね♪

ちなみに、2WDの車の下はこんな感じです!

 

佐久市 未使用車

リヤデファレンシャルギアがないためこのようにまっすぐなシャフトが入っています!

ぜひご自身のお車やご家族・ご友人のお車でお試しください✌️

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

松本市・佐久市・諏訪市で軽未使用車・軽中古車を買うなら「ロイヤルカーステーション」にお任せください!!

松本市に本社を置き創業35年中古軽自動車販売台数は「長野県下NO.1」の安心な実績!

圧倒的なグループ総在庫数はなんと500台!!

オールメーカー取り扱いなので、実際に「見て」「座って」「一度に比較」していただけるのがロイヤルカーステーションの魅力です!

また、長野県内に自社整備工場(車検のコバック・鈑金のモドーリー )を9店舗完備しているので購入後のアフターサービスも安心です◎

お車のことなら私たちになんでもお任せください!!

ロイヤルカーステーション